日々のこと
過去の日々のこと
2010年5月1日(土)

ふと、カレンダーを見ると、あら、今日はモコディの誕生日。

2006年のオープンから4年。沢山のお客様にご来店頂いて、本当に嬉しく思います。

5年目のモコディ、これからもよろしくお願い致します。(麻)





2010年4月29日(木)

ローズマリーの剪定をして暫くしたら、その上にある窓ガラスをバッタが登っていました。

やはりスカスカになってしまった住家では落ち着かないのでしょう。
早く新たな住家が見つかるといいです。

公園や山や街路樹など、新緑のきれいな季節ですね。(貴)





2010年3月29日(月)

近所の広い団地の敷地内に、立派な1本の山桜の古木があり、今、見頃を迎えています。

樹齢100年を越すこの大木は、この団地が建てられるずっとずっと以前から、この場所で何度も花を咲かせてきたそうです。

支柱で支えられた大きな枝に、小振りで、まっ白な花が静かに咲いています。

これからもずっと、この場所で、人々の生活を見守ってゆくのでしょう。(麻)




2010年3月3日(水)

今日は、ひなまつり。

私の初節句の時、祖母が健やかな成長を願って贈ってくれたおひなさまを、今年からは私が娘の為に飾ります。

写真の器は、松本美弥子さんの子供用食器のセットです。
まっ白い磁器で、所々にピンクや水色、オレンジ色の花びらがのっているかの様な、小さな模様が点々と。
大きなプレートの裏には素敵な柄が描かれています。

もうすぐ離乳食を始めるので、この器たちが活躍してくれそうです。(麻)







2010年2月19日(金)

フォレストシューメーカー、松下ご夫妻の作る靴。

この靴は、わたしにとって不思議な靴で、履く時に何だか嬉しい気持ちにさせてくれたり、ついつい手入れをしたくなる靴です。

今まで、こんなに頻繁に手入れをしていた靴はありませんでした。履き込むと、ゆっくりと自分の足に馴染んでゆき、革の表情が出て、艶やかな深い色合いに変化してゆきます。

足を包み込むような独特な履き心地以外にも、手入れしたり、育ってゆく靴の表情を眺めたり、何だか楽しませてくれる不思議な靴なのです。(貴)


※2月現在、ご注文からお渡しまで、約7ヶ月のお時間を頂いております。




2010年2月4日(木)

寒い季節は部屋の中で過ごす時間が長いからでしょうか、最近、照明を気に入って下さるお客様が多いです。

単なる箱の様な空間を、複数の間接照明などを使って、やわらかく灯せば、奥行きを感じられるようなリラックスできる雰囲気になり、昼間の明るい時間とは違う空間を感じられます。

木、陶器、磁器、ガラス、紙など、様々な素材を通して光を放つ灯りは、とてもきれいで、特に寒い季節は暖かくゆったりとした気分で過ごせます。(貴)





2010年1月25日(月)

先日、娘が生後100日目を迎え、「お食い初め」をしました。

実家から借りた古い漆の御膳に、我が家で使っている陶器やガラスの豆皿、漆器の小皿とお椀、小さめのお茶碗などを使いました。

立派な御膳を前に、娘はきょとん、大人たちは大喜びしつつ、食べ物への感謝とこれからの健康と成長を祈りました。(麻)





2010年1月21日(木)

愛媛の友人から荷物が届き、箱を開けると良い香り。
庭で実った柚子がコロコロ。

クッション材のワラをかき分けると、お芋もゴロゴロ。種子島の蜜芋です!

焼いただけでとってもジューシー、とろける様な甘さ。色もマンゴーの様なオレンジ色。
こんなお芋があるとは驚きでした!

ホクホク美味しくいただいてしまったので、写真を撮り忘れました。(麻)




2010年 元旦

新年、明けまして、おめでとうございます。

本年も、よろしくお願い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸、そして世界の平和を願って。(貴)



雪の元日。
外の静けさとは裏腹に、今年の我が家は少し賑やか。

麦茶(犬)と仲良く、健やかに育って欲しいと願います。(麻)










前の日々のこと




戻る





2010年6月9日(水)

梅雨入り前に、ようやく植物園へ行きました。

こちらへ引越して来てから丸4年も経つのに、お店の開店準備や日々の仕事、買い付けなどで、なかなか行く事が出来ず、定休日の午後に娘も連れて散歩がてら出掛けてみました。

東山の森の中で、山野草を観察したり、温室の熱帯植物の大きさやカラフルさに驚いたり、満開のバラ園では甘いバラの香りに癒され、とてもリフレッシュした気分になりました。

徒歩で15分程の場所にある植物園、もっと気軽に行かないともったいないですね。
次回は動物園まで足を伸ばしたいと思います。(麻)