2012年11月20日(火)

暖かい部屋でのんびり読書。

台所に立つのが楽しくなるような、写真やイラストが素敵なレシピ本や、美味しいコーヒーの淹れ方の本。子供にも大人にもお薦めの絵本など、お店に色々な本が届いています。

藤田ゆみさんの「子どもと一緒にスローに暮らすおかあさんの本」は、小さな子供さんのいるお母さんに是非読んでもらいたい1冊です。
心がじんわり温かく優しくなれて、お母さんでいる事がとっても嬉しく感じられます。
この嬉しい気持ちをいつでも思い起こせるように、私の本棚にも並べてあります。

「みんなねている」は永井宏さんの詩と、福田利之さんのイラストがとても素敵です。プレゼントにもお薦めですよ。
(麻)








2012年10月16日(火)

楽しみに待っていたテーブルがやってきました。
コンセントファニチャーさんにナラの無垢材で作って頂いた丸テーブル。木目は綺麗な柾目を選んで頂きました。

椅子に座り、天板を触った時の木の感触や、細部の造りなど、期待以上の出来栄えで、テーブルに着く度にニンマリしてしまいます。

これから何年、何十年と我が家の暮らしの中心に居てくれて、家族や友達と過ごす場となるこのテーブル、どのように変化していくかも楽しみです。暮らしもテーブルも。(麻)









2012年10月13日(土)

先日、パンダが大好きな娘に、自由ヶ丘のグルマンディーズさんにリクエストしてパンダのケーキを作って頂きました。

目を丸くして「うわー、パンダがいるー!」と大喜び。

フルーツとクリームたっぷりの美味しいケーキでした。

お誕生日おめでとう!(麻)








2012年9月28日(金)

『山陰へ』というほど、珍しくない頻度で訪れる鳥取・島根方面。全国を訪ね歩いている中でも群を抜いて足を運んでいる大好きな地域のひとつです。

私たちが山陰地方で出会う作り手に共通している事は、「ものづくりに対する思い」や「ものへの思い」、「ものづくりの意味や意義」そのような、ものづくりの裏側ではあるのですが、ものづくりを続けていくうえで根幹となるような部分と向かい合いながら日々手を動かしているという事。

ものづくりをされている以上、そのような部分のない作り手などは存在しないと思うのですが、その部分がとても際立っているという意味です。また、その部分を伝えようとする気持ちも強く感じるのです。

作り出される作品にはそんな気持ちや姿勢が自然と表れているものです。



素敵な作品たちは、常設だけでなく、今後の個展などでもゆっくりと紹介させていただきます。

そしてまた雪の季節よりも前に、伺う事になりそうな山陰です。海の幸も新鮮で美味しいですし。(貴)







2012年8月17日(金)

今朝、店の通路の壁に一匹の小さな蛾が止まっていました。

実を言うと、私は蛾が大の苦手なのですが、よく見てみると、北欧のテキスタイルのような素敵な模様です。

近寄るのは怖いのですが、写真を一枚撮ってみました。(麻)








2012年7月26日(木)

プリミティブな楽器は楽しいです。大人も子供も触りたくなって音を出します。それを傍から見ていると楽器に触れて音を出したくなります。

子供が最初に触れてゆく楽器として、原始的な打楽器はとても適していると思います。音楽を学ぶというより、音を出す楽しさ、響く音の綺麗さや不思議さ、そして自由さなどがとてもシンプルに直接的に伝わるからです。

先日入荷したミニチュアのジャンベ(西アフリカの太鼓)は、ミニチュアと言ってもプロ・ミュージシャンも愛用するようなジャンベを作っているマリ共和国の職人さんにより同じ材料と製法で作っている本格的なジャンベですので、音もとても良く、大人の方が夢中になってしまいます。

強く叩けば力強い音、弱く叩けば優しい音、強く叩きすぎれば手も痛いです。叩き方や叩く場所によっても音は違うので、様々な音の表情を自分の手から響かせることが出来ます。ボタンを押せばいつも同じ電子音が鳴り響く玩具も楽しいのですが、それらとは少し違った、もう少したくさんの感覚や感情を刺激してくれます。

簡単な音の出し方のレクチャーもできますよ。(貴)







2012年7月7日(土)

今日は七夕。

今までは忘れがちだった七夕の行事ですが、娘が保育園に通うようになり、私も一緒に楽しんでいます。

子供の頃に作った七夕飾りを思い出し、色紙を折ったり切ったり貼りつけたり・・・。
短冊の願い事は何を書こうかと「大きくなったら何になりたい?」と娘に聞くと「パンダ!!」「そっかー、パンダかぁ・・・。(笑)」
そんなやりとりをしながら、気が付くと沢山の飾りが出来上がり、小さな笹の枝がこんなに華やかになりました。

今日は午後からカラッとしたとても良いお天気。
今年は天の川を渡って、織り姫と彦星は再会できそうですね。(麻)










前の日々のこと




戻る





日々のこと
過去の日々のこと
2012年12月29日(土)

今年も皆様のおかげで無事に1年を終えることが出来ました。

本当にいつもありがとうございます。来年も皆様とお会い出来ることを楽しみにしております。

2013年も、皆様にとって楽しいことや嬉しいことや幸せなことがたくさん訪れる年となりますように、心よりお祈り申し上げます。

良いお年をお迎え下さい。

モコディ