2008年2月1日(金)

友人達が美味しい物を手に遊びに来てくれました。

人が集まる時には普段あまり作らないレシピを試したくなります。
今回は薄切り大根にイクラとパルメジャーノを乗せたサラダ、じゃがいもとアンチョビとチーズのオーブン焼き、かぼちゃのくるみ醤油あえ、海鮮とごま豆腐の寄せ鍋、とうもろこしのプリンなどを作ってみました。
みんなが持ち寄ってくれたワインや日本酒、ブラックペッパーが効いたキャロットサラダ、きなこの和菓子、フルーツも加わりテーブルの上は色とりどり。

人が大勢集まると、家にある様々な窯元や作家さんのうつわが大集合します。普段なかなか登場出来ない大皿までもテーブルに上ります。
うつわ同士がお互いに引き立てあい、またお料理もとても美味しそうに見えます。
友人達も皆うつわ好きなので、そんなうつわ達の大共演をとても楽しんでくれました。

ふと時計に目をやると、深夜1時。
一緒に大はしゃぎしていた麦茶(犬)は足元でうとうと眠っていました。(麻)




2008年1月14日(月)

モノの値段とは、材料の価格と作り手の技術とその仕事量によって、必然的に決まっています。

値段が高いと感じるモノには、相応の理由が有りますし、逆に安いと感じるモノにも、それなりの理由が有ります。
但し、著名な作家等の作品となると、作品そのモノの価値以外に、名前の持つ価値が付加される場合が有り、また、希少性の高いモノ等も同様です。

ところで、値段が「高い」「安い」といった感覚は、その人によるところで、モノの価値を良く解っていらっしゃる方にとっては「安い」と感じても、それを知らない方にとっては「高い」と感じてしまいます。しかし、それはモノの価値を知らない消費者が悪いのではなく、気付けば世の中に溢れてしまった安価で粗末な作りのモノによって、本来の本物の値段感覚が麻痺してしまったからです。
更にその状況が、日本の手しごとを衰退させている大きな要因のひとつになっています。決して時代の流れの中で不要になった訳ではありません。

日本の物価は戦後とは違い、上昇していることは言うまでもありません。しかし、多くの消費者がモノを選ぶ基準を、品質以上に安価である事を重要視する以上、作り手は従来の品質を維持したモノ作りで生活をすることが出来ません。ですから当然、後継者も無く、今まさに何十年と培われてきた日本の素晴らしい技術の多くが、ひっそりと消えようとしています。

しかし、一方では、一部の若い世代は気付いているのです。小さいですが確かな動きも見られます。それらが大きなうねりとなって、多種多様な生活スタイルの選択肢のひとつとして、存在し続けなければならないと思っています。(貴)








2008年1月5日(土)

新年、明けましておめでとうございます。

皆様のご健康とご多幸をお祈りして。

本年も宜しくお願い申し上げます。


モコディ










前の日々のこと




戻る




2008年2月9日(土)

名古屋は朝からしんしんと雪が降っています。

雪の積もった景色がとても好きで、しっかり着込んで散歩に出ました。いつもの公園が違う場所のよう。

ベンチには小さな雪だるまが3人並んでいました。(麻)





2008年2月10日(日)

昨日は朝からの雪が降り続き、大雪になりました。

雪景色は本当に綺麗でしたが、ここ名古屋市名東区は坂が多い為、昨日の夕方は立ち往生している車や、スリップ事故など、大変な状況でした。

そんな中、お立ち寄り下さったお客様、寒い中ありがとうございました。

私はなぜか雪の日にはココアが飲みたくなります。
外を舞う雪を見ながら、いつもより静かな店内で温かいココアを飲み、少しのんびりと雪の日を楽しみました。(麻)





2008年2月17日(日)

時々、雪が舞う寒空ですが、日差しは少しづつ暖かくなってきました。

すいせんが咲き始め、小さな春を感じます。(麻)




2008年2月26日(火)

5年振りにお雛様を飾りました。

子供の頃は、ふくよかで地味めな衣装のお雛様が、特に好きだとは思わなかったのですが、大人になってからは、上品な着物の色合わせや、優しく微笑むその姿がとても素敵だと思うようになりました。

結婚すると雛人形は飾らない風習があるそうですが、こんな素敵なお雛様が、ずっと暗い箱の中だなんて可哀想なので、結婚してからも時々出してあげています。

桃の花を生け、朱の漆のお椀にハマグリのお吸い物を、木曽さわらの飯切にちらし寿司。

女の子の麦茶(犬)の為にも、お雛祭りをしなくては。(麻)





2008年3月16日(日)

急に暖かくなり、花壇の植物が一斉に目覚め始めました。

ライラックの新芽は大きく膨らみ、スイカズラの蔓には可愛い葉っぱが出て、地面からはヒヤシンスやムスカリのつぼみが顔を覗かせています。

中には、どこかから種が飛んで来たのか、植えた覚えのない植物もどんどん芽を出し、知らず知らずのうちに増えて行き、時々その名前を聞かれて困ってしまう事もあります。

特に、この時季は植物の力、大地の力を実感し、何だかワクワクしてきます。(麻)






2008年3月24日(月)

雨が止み、綺麗な青空になりました。

公園で咲いている桜を一輪だけ見付け、ちょっと幸せな気分になりました。(右の写真で見えるかな?)

明日には、ちらほら咲き始めるでしょうね。(麻)




2008年4月7日(月)

5日(土)より、Kata Kataさんの作品展を開催しています。

カラフルで、とても楽しいKata Kataさんの作品が店内にならび、いつもとは少し違う賑やかな雰囲気です。
お客様も、どの柄を選ぼうか、あれこれ迷いながら、とても楽しそうです。

初日にご来店頂き、風呂敷や手ぬぐいをお買い求め下さったお客様が、翌日、風呂敷をバンブーの持ち手に結んだ素敵なバッグに変身させて遊びに来て下さいました。

大判の風呂敷が1枚あると、色々な使い方ができて、とても便利で楽しめますよ。(麻)






2008年4月30日(水)

先日、約1週間かけて、九州と山陰を周りました。
今回も、うつわを作っておられる窯元や作家さんをはじめ、色々な分野の作り手にお会いする事が出来ました。

魅力のある作品を生み出していらっしゃる方というは、やはり魅力の溢れる方達ばかりです。

とても不思議で優しげな世界を、作品で表現されている作家さんは、やはりそんな世界の住人であり、寸分の狂いも無い程に、正確でとても丁寧な作品を作り出す職人さんは、寡黙で、無駄な事などは話しません。伸び伸びと力強い作品を作られる職人さんは、おおらかで懐の深い気さくな性分であったりと、当たり前の事なのでしょうけど、多くの作り手にお会いしていると、特にそんな関係性を強く感じます。

手仕事により創りだされるモノには、作り手の人柄や気持ちが、意識していなくとも面白いぐらいに、そのまま反映されているものです。


また、初めてお会いするにも関わらず、既に色々な繋がりのある事が多く、例えばそれは人との繋がりであったり、モノを介しての繋がりであったり、そんな事を感じる事の多い1週間でもありました。

今回もいつもの事ながら、慌しく過酷な旅ではありましたが、新緑の季節でしたので、山道の移動などは心地良い時間となりました。山間部では桜が見頃の場所もあった程です。

また、お会い出来る事を楽しみにしております。(貴)






2008年5月7日(水)

今日は、少し静かな1日になるかな...。
なんて思いながら、いちご(ワイルドストロベリー)の花の可愛らしさに見とれていると、いつもの器好きのお客様がご来店。

先月末に訪ねた窯元や作家さんのお話などをしながら、器選びを楽しんで下さいました。

ゴールデンウィークが終わり、家の中に気持ちが向くのでしょうか。今日は器をゆったりと選びに来て下さるお客様の多い1日でした。(麻)





2008年5月11日(日)

朝の散歩中、ご近所に住むお客様が、お庭に咲いた大輪のしゃくやくの花を2輪切って下さいました。

透ける様に白い花びら、中心部分は少しだけピンクのふちどり、静かで可憐です。

お店の窓辺に生けてあるのですが、あまりの美しさに、ついつい目を奪われてしまいます。

今日は母の日。花好きな母に一輪渡すと、とても嬉しそうでした。(麻)




2008年5月13日(火)

夕方、小鹿田焼(おんたやき)の若き陶工がモコディに来て下さいました。

焼き物だけでなく、色々な分野の工芸品を興味深く覗き込む目は真剣で、それは日々モノを創造されている方に共通して言えると思うのですが、とにかく、あらゆる分野に好奇心旺盛で、そういった中で沢山の事を吸収している様に感じました。

「何か賞を頂いたりする事には、あまり興味が有りません。お客さんに喜んでもらえれば、それが嬉しいですね。」そんな事を言っておられました。

小鹿田の皿山を初めて訪れてから約10年。それから何度、足を運んだことだろうか。
今後も、変わらぬ小鹿田と、変わり行く小鹿田を見ていたいと思います。(貴)




2008年5月18日(日)

知識から入られる方と、感覚的に入られる方が居ます。

知識から入られる方にとっては、実際のモノは正にそのモノであるにも関わらず、知識からイメージされたモノと違うと感じられる方も居られ、非常に矛盾を感じることが有ります。

また、何の先入観も無く、純粋な感覚から入られる方の目は、実はとても肥えており、そして鋭く、私もとても勉強させて頂いています。

いくら多種多様、千差万別と言えど、うつわを選ぶ入口がほんの少し違うだけで、これだけモノの見え方に違いが生じるものかと、感じることがあります。(貴)






2008年5月20日(火)

お店から無くなって欲しくないなと思う作品が沢山あります。
それでも、お客様に本当に気に入って頂いて、使って頂けるのなら、喜んで送り出します。

この花器は、福岡県のアトリエ・ド・ラペ 鹿児島睦さんの作品です。
先月、春の柔らかな日差しが差し込む、素敵なアトリエにおじゃまして、鹿児島さんと鹿児島さんの創り出す作品たちにお逢いしました。

鹿児島さんの作品は、動物や植物などをモチーフにしたオブジェや花器、うつわ等、とてもユニークで、ひとつひとつの作品からは、物語を連想させられます。

暫くお店で眺めていたいなと思っていた、この鳥の花器は店頭に飾った翌日に、とてもとても気に入って頂いたお客様のもとへ旅立って行きました。

これから少しづつ、鹿児島さんの作品を紹介して行きます。お楽しみに。(麻)






2008年5月24日(土)

臨時休業を頂きまして、床の無垢板メンテナンスをしていました。せっかくご来店頂いたお客様には、大変ご迷惑をお掛け致しました。

木の床の上に置いてある、棚や作品を移動させ、水拭きで汚れを落とし、植物系のワックスを塗り、そのまま1日乾燥させました。

特に天然の素材は、扱いにくい部分も有りますが、かかる手間以上に、作為的なものには真似の出来ない、独特な使い込まれた感じが増して行くので、大変なのですが楽しい作業です。

床板についている傷に、経過してゆく時間を感じさせられます。(貴)




2008年6月3日(火)

うつわ屋を営んでいながら、各地のお店でうつわを買うことが多いです。

現代のものであれば、量産品を除き、気に入ったものがあれば、持ち帰らずにはいられません。
なぜなら、同じうつわにもう1度出会うことが、どれだけ難しいことかを知っているからです。

厳密に言えば一点物である手仕事による焼物の世界。今まで持ち帰らずに後悔した焼物も数知れず。作者が同じで、形も同じ様な感じなのですが、やはり全く同じものと出会うことは出来ません。

単なるうつわ好きの呟きです。(貴)





日々のこと
過去の日々のこと
2008年6月9日(月)

山道をくねくね走り、「日々ガラス製作所」さこうさんの新しいご自宅と工房を訪ねました。

梅雨だというのに、この日は朝からカラッとした青空。
南垂れの山の斜面に、家と工房が並んでいました。

さこうさんお手製のカレーや色々なサラダをご馳走になった後、工房で宙吹きガラスの製作工程を見せてもらいました。

工房の窓枠は、地元小学校で使われていた木の格子窓。軒下には、お寺で使われていたとは思えない、古い水色の小さなベンチ。

窓を開ければ、山の風が木々の葉を揺らしながら、ガラスの炉による熱を帯びた工房内に、涼しい風を運んでくれました。(麻)